免税手続きについて

当社は支払い時に表示価格から消費税の金額を割引しています。

免税を受けるための条件

  • ご本人のパスポートの提示が必要です。
  • 非居住者(短期滞在)である。
  • 入国日から6ヶ月以内である。※上陸許可の証印が「再入国」でないもの。
  • 一般物品(消耗品以外)は合計税抜5,000円以上。(割引後の支払額)
  • 消耗品は合計税抜5,000円~50万円以下である。
  • 一般物品と消耗品合算免税の場合、合計税抜き5,000円~50万円以下である。
  • 日本国内で消費するもの、送料・作業手数料は免税対象外。
  • ビック酒販(お酒コーナー)商品は他の消耗品、一般物品と合算会計できません。

日本人一時帰国の方も免税できます。

一時帰国の免税条件:
  • 外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
  • 2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
  • 1及び2に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
  • 1から3までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者
  • パスポート原本及び有効期間2年以上の外国ビザ、写真付きIDカード、就労ビザなどいずれ一つが必要

注意事項(必ずお読み下さい)

  • 消耗品は袋を開封せずに、30日以内に国外へ持ち出して下さい。
  • 一般物品は帰国時に持ち出して下さい。
  • 一般物品と消耗品合算で免税する場合、全品封印します。日本国内で使用できません。30日以内で国外へ持ち出し下さい。
  • 記録票を出国時に関税に提出して下さい。
  • 携帯をしていない等の場合は、帰国時に消費税が課税されます。
  • お酒や化粧品など、100ml(g)を超える液体は、航空機内に持込ができません。
  • スーツケースなどに入れて機内にお預ける場合は、航空会社に免税品で購入した商品を預けたい旨をお申し出ください。
  • 自動化ゲートを使用する場合はパスポートにスタンプ(証印)がされません。ゲート通過時に各空港の係員にお尋ねください。