中秋の名月を眺めよう

中秋の名月を眺めよう

中秋とは、秋の真ん中のことをいいます。中秋の名月とは、旧暦(太陰太陽暦)の8月15日の夜の月のことをいい、「十五夜」としても有名です。暦の関係で中秋の名月は必ずしも満月になるとは限らず、 今年は9月25日が満月となります。肉眼ではほぼ真ん丸のお月様を見ることができるでしょう。ちなみに当日の月の出は17:26分ごろ、月没は4:17ごろ(東京)になります。

おすすめの双眼鏡・望遠鏡

  • こんな双眼鏡がおすすめ!

    ネットショップ(ビックカメラ.com)でも
    ご購入いただけます

    詳細はこちら
  • コンパクトながら口径32mmを実現。薄暗いシーンでもはっきり観察できます。PFMコートによりプリズムとレンズ全面(対物および接眼)にマルチコートが施され、極めて優れたコントラストが得られます。ハイアイポイント設計により、眼鏡をかけたままでも広い視野で見ることができます。長時間の使用でも眼が疲れにくいです。別売りのキャリングビノホルダーSを併用することにより、ケースを装着のまま三脚に取付可能になります。
  • こんな望遠鏡がおすすめ!

    ネットショップ(ビックカメラ.com)でも
    ご購入いただけます

    詳細はこちら
  • 架台部には上下、水平方向に微調整で動かせる微動ハンドルがついていますので、目的の星を導入しやすく観測の際は便利です。低倍率と高倍率の、2種類の接眼レンズを付属。月面から惑星まで幅広く観測が可能です。アクロマートレンズを採用しているので、月のクレーター、木星の衛星、土星の輪など幅広く観測できます。簡易ウェッジを内蔵しているので、赤道儀(天体を追尾できる架台)としても簡易的に使用できます。お子様や女性の方でも扱いやすく、三脚も軽量ながら剛性感たっぷりです。