エアコンの選び方

エアコンは様々なモデルがあり、取付ける場所や使用頻度によって適したモデルをお選びになる事をお勧めします。 ここでは、お客様の最適なエアコン探しをお手伝い出来るよう「選び方のポイント」をご案内しております。

お部屋に合わせて最適な1台を選ぶ!

お部屋の広さに合ったエアコンを選びましょう!

エアコンの対応畳数は、建物の構造により異なります。 鉄筋コンクリートと木造では部屋の気密性が異なり、保温能力に差があるため、エアコン選びの重要なポイントです。 実際の部屋・構造に適していないエアコンを使用すると、エアコンの効きが悪くなったり電気代が高くなってしまいます。 また、部屋に大きな窓があるなら日射センサーつきがおすすめなど、畳数だけで判断するよりも部屋全体の状況を把握することも大切です。

エアコンの畳数目安

6畳用 2.2kw

冷房
木造 6畳
鉄筋 9畳
暖房
木造 6畳
鉄筋 7畳

冷房対応畳数
おもに6畳用エアコン一覧

8畳用 2.5kw

冷房
木造 7畳
鉄筋 10畳
暖房
木造 7畳
鉄筋 7畳

冷房対応畳数
おもに8畳用エアコン一覧

10畳用 2.8kw

冷房
木造 8畳
鉄筋 12畳
暖房
木造 8畳
鉄筋 10畳

冷房対応畳数
おもに10畳用エアコン一覧

12畳用 3.6kw

冷房
木造 10畳
鉄筋 15畳
暖房
木造 9畳
鉄筋 12畳

冷房対応畳数
おもに12畳用エアコン一覧

カタログ等で6〜9畳対応と記載がある場合は
木造→6畳
鉄筋コンクリート→9畳

という意味になります。

14畳用 4.0kw

冷房
木造 11畳
鉄筋 17畳
暖房
木造 11畳
鉄筋 14畳

冷房対応畳数
おもに14畳用エアコン一覧

18畳用 5.6kw

冷房
木造 15畳
鉄筋 23畳
暖房
木造 15畳
鉄筋 18畳

冷房対応畳数
おもに18畳用エアコン一覧

20畳用 6.3kw

冷房
木造 17畳
鉄筋 26畳
暖房
木造 16畳
鉄筋 20畳

冷房対応畳数
おもに20畳用エアコン一覧

23畳用 7.1kw

冷房
木造 20畳
鉄筋 30畳
暖房
木造 17畳
鉄筋 21畳

冷房対応畳数
おもに23畳以上用エアコン一覧

ライフスタイルにあったエアコンを選びましょう!

リビングなどは冷房・暖房共に使用したり、在室する時間が長い部屋は、電気代が安く性能が高い最上位モデル(フラッグシップ)がおすすめです。

寝室や子供部屋など、2台目以降で冷房機能のみを重視してちょっとした便利機能が欲しいのであれば、フィルター自動お掃除付きや空気清浄などの 付加機能がついたベーシックモデルなどがおすすめ。

冷房のみの機能だけで良いのであれば価格の安いベーシックモデルでも良いといえます。

同じ適用畳数のエアコンでも数万円も価格が変わる理由

同一メーカーで適用面積が同じ製品同士なのに、価格差がとても大きいものがあります。価格が異なる理由の1つは省エネ性能の差!

三菱 Mitsubishi Electric
MSZ-FL5618S-Wエアコン2018年霧ヶ峰FLシリーズパウダースノウ
[おもに18畳用/200V]
259,850円(税抜)

280,637円(税込)
三菱 Mitsubishi Electric
MSZ-S5619S-Wエアコン2019年霧ヶ峰Sシリーズパウダースノウ
[おもに18畳用/200V]
164,790円(税抜)

177,972円(税込)
5.6kw 冷暖能力 5.6kw
6.7kw 暖房能力 6.7kw

約43,300円
年間電気代目安
約60,600円
140% 省エネ率 100%

エアコンの据付場所(設置場所)

下記の据付スペース図で据付予定の場所が条件をクリアしているかを確認してください。 本体の寸法が大丈夫でも、フラップが開いた時にカーテンレールや家具などにぶつかってしまう場合があります。

電源の確認をしましょう!

大きなサイズのエアコンを取り付けたくても、電源を把握していないと取り付け自体ができない場合があるので、事前にしっかりと確認を取りましょう。

  • ☑専用コンセントの有無
    エアコンには専用のコンセントが必要です。 100Vと200Vのうちいずれかの専用コンセントが自宅に備わっていルことが必要です。無い場合は工事が必要になります。
  • ☑専用コンセントの形状
    エアコンの機種によってはコンセントの形状が異なります。(下図参照)
  • ☑アンペアブレーカー容量
    使用する部屋の広さや、他に使用している家電製品によって異なりますが、一般的に快適にエアコンを使うためには30A以上の電気容量が必要です。
コンセントプラグ
標準取付工事
専用コンセントがあり、コンセントの形状・電圧変更が不要なら対象。
室外機設置場所

室外機の設置場所の確認!

おもに室外機の設置場所は下記の①〜⑥までのパターンとなり、①が標準工事 となります。②〜⑥は追加工事となりますので、別途工事費が発生します。 エアコンを設置する場所とあわせて室外機の設置場所も必ず確認しましょう。

左図の通り、室外機設置場所にも一定以上のスペースが必要になります。 エアコンが決定後は、標準工事で設置可能か、または追加工事(電気系統・室外機・化粧パネル等)の有無を確認し、見積もりを作成しましょう。

エアコン販売担当者からひとこと

エアコンは各メーカーから毎年新しいモデルがリリースされ、それぞれがこぞって新機能を発表しています。 1度購入したら長く使う家電です。使用する部屋の広さや、部屋の用途、滞在時間などの条件と、メーカーの特徴を照らし合わせて 快適に過ごせるエアコンをお選びください!

ページトップへ