ビックカメラ 株主・投資家情報サイト
ネットショップ ビックカメラ.com
株主・投資家情報トップ > IRポリシー
IRポリシー

IR活動の目的と基本方針
株式会社ビックカメラ(以下:当社)は、IR活動の目的を、株主・投資家・アナリストを含めた全てのステークホルダーの皆様に当社の価値を正当に評価していただくための活動、経営の透明性を高めるための活動および信頼性を向上させるための活動であると認識しております。
そのために当社は、皆様の投資判断に影響を及ぼす会社情報の適時・適切な開示が重要であると認識し、透明性および公平性の確保に努めることを基本方針としております。また、当社を理解していただく上で必要または有用と判断される情報については、可能な範囲で積極的に情報開示するよう努めてまいります。
 
情報開示の方法
証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報の開示は、「適時開示情報伝達システム(TDnet)」において公開し、プレスリリースを行います。それに加え、情報開示の「適時性」「公平性」の観点から、TDnet及びプレスリリースにより公開した情報につきましては本サイト上で速やかに公開します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、適時開示規則の趣旨を踏まえて適時・適切な方法による開示を行います。
 
将来の見通しについて
当社が開示する情報の中には、当社及び連結子会社の計画、見通し、戦略などが含まれる場合があります。これらは、発表時点において入手可能な情報から得られた一定の前提に基づいております。また、これらの将来の予測には、リスクや不確定要素等の要因が含まれており、実際の業績等はこれらの予測とは異なる結果となる可能性があります。
したがって、当社の業績、企業価値等を検討されるにあたってはこれら見通しにのみ依拠されることはお控えいただきますようお願いいたします。
 
IR自粛期間
当社は、決算に関する情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公正性を確保するため、各四半期の決算日の翌日から公表まで、決算に関する情報について対外的コメントやご質問等への回答は差し控えさせていただきます。ただし、この期間中に既に開示済みの業績予想が大きく乖離する見込みが生じた場合には、適時・適切な情報開示を行います。なお、沈黙期間中であっても、すでに公表されている情報に関するご質問については対応します。
 
株価情報について
株価に関しては、あくまでも株式市場の需給動向により決定されるものであると考えており、一切言及しない方針です。




このページのトップへこのページのトップへ

現在の株価
Yahoo! FINANCEへリンクします
ビックカメラの株主になりませんか? 会社説明
COPYRIGHT(c) 2006 BICCAMERA INC. ALL RIGHTS RESERVED.