価格表記変更に関するお知らせ

ソーシャルメディアの取り組みについて

ビックカメラグループ ソーシャルメディアポリシー

ビックカメラは、ソーシャルメディア公式アカウントの運営、並びにビックカメラの社員がソーシャルメディアへ参加を行うことに関して「ビックカメラソーシャルメディアポリシー」を定め、遵守します。

  1. 1.ソーシャルメディアとは

    ブログ、電子掲示板、LINE、twitter、mixi、Facebook、Youtube等に代表されるインターネット通信を利用した、個人の情報発信、不特定多数の利用者による閲覧及びそのコミュニケーションを行うことが可能なメディア全般のことを言います。

  2. 2.ソーシャルメディアポリシー策定の背景

    ソーシャルメディアの普及により、誰もがソーシャルメディアを通じて不特定多数の人物とコミュニケーションを行うことができるようになり、現代社会において欠かせないものとなりました。
    しかし、その一方で、一人ひとりが手軽に情報発信源となることで、配慮に欠けた発言で誰かを傷つけてしまったり、会社の機密情報を漏洩してしまっていることもあります。
    その結果、ソーシャルメディア利用者だけの問題ではなく、周囲の人間、会社自体をも巻き込む大きな問題に発展するリスクがございます。
    ビックカメラでは、ネチケットマニュアルや従業員教育を通じて、予め想定されるリスクや対策を認識させ、安全なソーシャルメディアへの参加を認めております。
    企業活動を通じて参加するソーシャルメディアは、お客様との有効なコミュニケーション手段の一つとして活用することで、お客様へのより良いサービスの提供、ビックカメラ全体の価値向上に寄与するものと考えております。
    ソーシャルメディアの利用に際して、自分がビックカメラの一員であり、その発信は世の中に少なからぬ影響を及ぼすこと、そして、自らのその発信内容に責任をもつことを十分に認識し、安全且つ健全なソーシャルメディアへの参加を目的として、本ポリシーを策定するものとします。

  3. 3.ソーシャルメディア参加の為の遵守項目

    1. (1)社会人として節度と配慮のある行動をとること
    2. (2)発信した情報の匿名性は保持されないこと
    3. (3)発信した情報は完全に削除されないこと
    4. (4)一人ひとりが、情報発信する内容に責任をもち、誤解を生じないように配慮をすること
    5. (5)不特定多数の利用者がアクセス可能であり、発信した情報は多方面に渡り影響を及ぼすこと
    6. (6)個人情報や業務上知り得た機密情報を発信しないこと
    7. (7)事実に関する情報発信であること
    8. (8)各種法令、その他関連規程および社会規範等を遵守すること。第三者の著作物、肖像等を無断使用しないこととし、第三者の著作物を利用する時は権利者の同意を得ること。誹謗中傷により第三者の名誉を毀損したり、他者の権利を侵害したりしないこと。
  4. 4.お客様へのお知らせ

    1. (1)ソーシャルメディアに投稿されたビックカメラ社員からの情報発信はビックカメラの見解を当然に表すものではありません。ビックカメラの正式な情報発信は、ビックカメラの公式サイトやニュースリリースなどで発信した内容に限ります。
    2. (2)お客様が投稿された情報は、引用される場合がございます。予めご了承下さい。
    3. (3)ソーシャルメディアにおける情報は、発信時点のものであり、その後変更されることがございます。

2016年2月29日 制定
2016年3月4日 改訂
株式会社ビックカメラ

ビックカメラグループ ソーシャルメディア利用規約

本利用規約は、利用者がビックカメラが運営するソーシャルメディアおよびそれに付随するサービス(以下合わせて「本サービス」といいます。)を利用するに当たって適用されるものです。
利用者は、以下のビックカメラ ソーシャルメディア利用規約(以下「本利用規約」といいます。)をご確認の上、遵守していただきますようお願いいたします。
なお、利用者による本サービスのご利用をもって本利用規約にご承諾いただいたものといたします。

  1. 第1条 本利用規約の適用範囲

    本利用規約は、本サービスの利用者すべてに対し適用されるものとします。
    ただし、本利用規約と、ビックカメラが運営する各種ソーシャルメディア公式アカウント(以下「公式アカウント」といいます。)に掲載した利用規約や方針と内容が異なる場合については、各公式アカウントに掲載された利用規約等が優先されるものとします。

  2. 第2条 利用者の遵守事項及び承諾事項

    利用者は、本サービスの利用に際し、以下の事項を遵守および承諾するものとします。

    1. (1)利用者が本サービスの投稿、表示、提供等(以下「投稿等」といいます。)および閲覧(閲覧および投稿等を合わせて、以下「利用」といいます。)をした結果、発生する責任については利用者の自己責任であること。
    2. (2)利用者が本サービス上に投稿等する内容については、原則として本サービスの利用者すべてがこれを閲覧できるものであること。
    3. (3)利用者が本サービスを利用するために使用するパスワードの管理及びパスワードを使用することにより発生する責任については、利用者の自己責任であること。
    4. (4)利用者は、本サービスの利用に際し第三者に損害を与えた場合、自己の責任と費用においてかかる損害を賠償し、当該第三者との紛争を解決すること。
    5. (5)本サービスの利用に際して利用者自身に損害が発生した場合、ビックカメラは、かかる損害がビックカメラの故意または重大な過失に起因する場合を除き、いかなる責任も負わないこと。
    6. (6)利用者が本条および次条に違反しビックカメラに損害を与えた場合、ビックカメラは、当該利用者に対して損害賠償を請求できること。
  3. 第3条 利用上の禁止事項

    利用者は、本サービスの利用に際し、以下の行為をしてはならないものとします。

    1. (1)ビックカメラ、他の利用者または第三者の権利および財産を侵害する行為、ならびに侵害するおそれのある行為。
    2. (2)ビックカメラ、他の利用者または第三者を誹謗中傷する行為、およびそれらの製品またはサービス等について誹謗中傷する行為。
    3. (3)他の利用者または第三者に関して、氏名、電話番号、住所等の個人情報を掲載する等のプライバシーを侵害する行為。
    4. (4)選挙運動またはこれに類する行為。
    5. (5)特定の宗教または組織、団体等に関する布教活動または勧誘等の行為。
    6. (6)本サービスが提供する情報等を、その個人的な利用目的の範囲を超えて使用、複製する行為、また、営利目的で使用する行為。
    7. (7)ビックカメラ、他の利用者、または第三者に不利益を与える行為。
    8. (8)公序良俗もしくは法令に反する行為、またはそれらのおそれのある行為。
    9. (9)有害、わいせつ、暴力的な情報またはそれらの描写が含まれる情報を提供する行為。
    10. (10)有害なコンピュータプログラムを投稿等する行為。
    11. (11)ビックカメラとの法律、契約関係等に基づきビックカメラが当該利用者限りにて開示した機密情報等、利用者がビックカメラ内部にて見聞したビックカメラの機密情報等を投稿等する行為。
    12. (12)ビックカメラからの事前の書面による承諾なしに、ビックカメラにおける著作権、商標、サービスマーク、ロゴ、画像等を何らかの形で活用する行為。
    13. (13)犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。
    14. (14)悪質な行為、差別的な行為等、他の利用者または第三者が不快と思う可能性のある行為。
    15. (15)本サービスの運営を妨げる行為、またはビックカメラの信用を毀損する行為。
    16. (16)虚偽の個人情報により、または、なりすまし等により情報を提供する行為。
    17. (17)その他ビックカメラが不適切であると判断する行為。
  4. 第4条 知的財産権の取扱い

    1. (1)本サービスの利用に際して掲載された情報は、ビックカメラまたは当該情報の提供者(以下併せて「情報提供者」といいます。)が所有するものです。
      利用者は情報提供者の書面による承諾を得ることなく、本サービスに含まれる内容の全部あるいは一部を複製、公開、送信(公衆送信を含む)、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、転載等をしてはならないものとします。
    2. (2)利用者が、本サービスに投稿等した場合、当該投稿等の情報のうち知的財産権で保護されているものについては、ビックカメラに対して非独占的に無償で使用する権利を与えたものと看做し、ビックカメラに対して当該情報にかかる知的財産権を行使しないものとします。
  5. 第5条 規約違反

    ビックカメラは、利用者が本利用規約のいずれかの条項に違反した場合、当該利用者に対し、事前に何ら通知することなく、ご利用者がサイト上に掲載した情報および内容等の削除、その他の必要な措置をとることができるものとします。

  6. 第6条 免責事項

    1. (1)本サービスの利用に際し発生した利用者の損害について、かかる損害がビックカメラの故意または重大な過失に起因する場合を除き、ビックカメラはいかなる責任も負わないものとします。
    2. (2)ビックカメラは、本サービスにおいて公式アカウントから発信する情報および利用者より提供される情報について、その正確性、完全性、合法性その他一切を保証いたしません。当該情報に起因して利用者その他第三者に損害が発生したとしても、ビックカメラの故意または重大な過失に起因する場合を除き、ビックカメラは一切責任を負いません。
  7. 第7条 利用規約の変更

    ビックカメラは、本利用規約をご利用者の承諾を得ることなく変更することがあります。この場合、変更した本利用規約は、当サイト上に掲載・表示した時点で効力を有するものとします。