株主・投資家情報トップ > トップメッセージ
トップメッセージ


“お客様の購買代理人として くらしにお役に立つ くらし応援企業であること” ビックカメラ パーパス ビックカメラ パーパス

新型コロナウイルス感染症の影響長期化に加え、ロシア軍のウクライナ侵攻という21世紀に信じられない国際情勢の緊張が拡大し、国際経済・市場に大きな影響をもたらしており、社会・経済の先行きが見通せない状勢が続いています。この予測の難しい、厳しい環境下、これまで以上に機敏に、革新的に聖域なく立ち向かっていかなければなりません。

当社は1978年5月、池袋駅北口において、カメラ及び関連商品の販売会社として創業し、現在まで大都市ターミナル駅前の大型店舗を中心に多様な店舗展開に加え、今後も拡大が続くEC、また店舗外の法人営業の強化とリアルとネットのシームレスなチャネル展開の拡大に努めてきています。

また、この多様なチャネル展開と併せ、「お客様のくらし応援」にお役に立てると考える取扱商品・サーヴィスも家電・非家電問わず拡充し続けてきています。今では非家電分野の取扱いが17%になってきています。

更に本格的に取り組み出した、商品開発(PB商品)による付加価値増大や商品販売後のサポート・アフターサーヴィス等、新しい収益サーヴィスの構築による事業分野の拡充展開を異業種・他企業との連携も含め、更に強化してまいります。

予測の難しい変化の時代だからこそ、掲げる「パーパス」の本気の実践に“凡事徹底”と“進取果敢”の行動理念で立ち向かっていきます。



代表取締役社長 木村 一義


 




このページのトップへこのページのトップへ

現在の株価
ビックカメラの株主になりませんか? 会社説明