より豊かな生活を提案する、進化し続けるこだわりの専門店の集合体

会計フリー(freee)

subject サービス概要 公式サイト >


iPad iPhone PC

確定申告も日々の経理もまとめて効率化できるクラウド会計ソフト「freee」のご案内です。経理・簿記の知識がなくても使える、シェアNo.1のクラウド会計ソフトです。

  • 領収書や請求書を撮影して、画像から文字情報を読み取り、日付・金額・勘定科目を推測・補完する機能も。
  • 確定申告書や青色申告決算書、会社法に準拠した決算書までカンタンに作成することが出来ます。
  • Airレジとfreeeを連携することで、Airレジの売上データを自動でfreeeに会計データとして取り込んで、簡単に会計帳簿作成から決算書の作成まで完結。

※ 不明な点が電話・チャット・メールでサポートが受けられる「プレミアムプラン」もございます。

subject 準備する


1

アカウント作成

新規アカウント(freeeへのログインに利用するメールアドレスとパスワード)を登録。個人事業主・法人を選択、年度およびプランなどの事業所情報を入力します。

アカウントの作成はこちら >


2

口座の設定

ご利用の「口座」をfreeeに登録します。口座を登録する際にオンラインバンキングなどの情報を入力しておくと、利用明細の取り込みから帳簿付けまでを自動化できます。

※ 口座とは、freeeに設定する「現金」「銀行口座」「クレジットカード」「決済サービス」のことを指します。


3

開始残高の設定

口座を登録したら、freeeを利用し始める年度の1月1日(または開業日)時点での各種残高を設定。前期末の決算書の内容を書き写すか、通帳などを参照して記入する。

freeeでは、この開始残高に日々の取引の累計金額を合計したものを、帳簿の残高としてカウントしています。


4

初期設定完了

初期設定が完了しましたので、帳簿付けの開始です。

subject 利用イメージ 詳しく見る >


1

Airレジ との連携

Airレジのご利用には、AirIDが必要です。メールアドレス等を入力してアカウント作成をします。

AirIDの作成はこちら >

Airレジアカウントとfreeeアカウントの連携を行います。

「連携方法」を確認する >

連携後は、Airレジで会計を行うことで、毎日のレジ締め時刻後にその日の 「売上金額合計」 「会計修正金額」「レジチェック時の過不足金額」が集計されるようになり、データは自動的にfreeeに送信されます。


2

Airレジで会計を行う

Airレジを使って通常通り会計業務を行ってください。
毎日のレジ締め時刻後にその日の 「売上金額合計」 「会計修正金額」「レジチェック時の過不足金額」が集計されます。集計されたデータは自動的にfreeeに送信されます。

会計フリー(freee)は、ビックカメラの「Airレジ サービスカウンター」で取扱中です。
ぜひAirレジ サービスカウンターへお越しください。

サービスカウンター 店舗一覧